株式会社MNH|地域の資源と課題をお金と雇用にかえるソーシャルビジネス 株式会社MNH|地域の資源と課題をお金と雇用にかえるソーシャルビジネス 株式会社MNH|地域の資源と課題をお金と雇用にかえるソーシャルビジネス 全国のひと
地域商社って?

地域にある資源、「コト」「モノ」「ヒト」をうまく結びつけ、
企画→開発→販売(卸)までの入口から出口までを、しっかりとおこないます。
”ずっと売れ続ける商品”を創りだすことをミッションとしています。

私たちのミッション

若い人が雇用されるだけではなく、自らが経営者となる社会起業家を育てること。
それが日本の抱える課題を解決する一番の近道ではないか。
その新たな社会モデルの創出を目指すソーシャルビジネスカンパニーがMNHです。
「地域の資源と課題をお金と雇用に変える」がスローガン。
結ぶ「知恵」と「行動」が地域社会を動かすチカラ。地域内新連携による「地域商社」モデルを展開しています。

地域の困りごとや課題を、知恵でつなげて化学反応を起こすのが得意技。

地域課題解決の一丁目一番地は若者が専業で地域に携われ、若い人のパワーを地域に活かすこと。
いまの若い人の中には地域の事を想い、憂い、何とかしたいと行動を起こす、起こしたい人はたくさんいますが、地方やNPOには、その若い人を雇えるだけの仕事や資金がないという現状があります。その結果、社会を良くしようとする活動に携われなくなり、自分で起業しようにも方法論や資金などがないために挫折する人もいると思います。
それであれば、地域社会の事をよくしながら自前の収益で運営するソーシャルビジネスをたくさん作ることが日本や地方の活性化にとって一番の近道だと考え、私たちはそれができるステージとチャンスを用意していきます。
地域商社モデルは、地域に既にあるもの(資源)を知恵と工夫で結びつけ、新しい価値を生みだす新しい考え方とし、現在は主に、お土産品を開発することに取り組んでいます。

『天狗の鼻 棒かりんとう』

東京・多摩地域を中心に展開している、年間数十万袋を売り上げる商品。
原材料の提供やパッケージのコンテンツなど、製造・包装から出荷まで地域の様々な方々が携わってつくっています。
この仕組みで商品づくりをすることで、商品が売れれば売れるほど地域の様々な団体の支援につながることになります。